薪ストーブのページへ
煙突・アクセサリーのページへ
薪販売・宅配販売のページへ
ミニハウス新品・中古販売のページへ
ログウッドハウス ジェイスタイル新品・中古販売のページへ
ユニットハウス・プレハブ販売のページへ
手動式ポンプ「ノーマ」のページへ
ロードヒーティングのページへ
企業サイト[会社案内]ページへ
企業サイト[建機レンタル事業]ページへ
企業サイト[JAレンタルショップ事業]ページへ
最新情報ページへ

お問い合わせ

企業紹介サイトのお問い合わせフォームを開きます
どの燃焼方式を選んでも
高燃焼効率とクリーンな排気を実現

触媒方式 <キャタリティック燃焼>

世界の薪ストーブの概念を覆した“キャタリティック燃焼”

↑クリックで拡大します

キャタリティックコンバスター(触媒)


ダッチウエストは、薪ストーブの排出ガス低減のために「触媒(キャタリティックコンバスター)」を世界で初めて採用しました。燃焼室で燃えた薪の排出ガスは、一次燃焼の段階では低温燃焼のために不燃焼ガスが発生します。この不燃焼ガスをハニカム構造の触媒に通過させることによって、不純物の90%をも再燃焼させることができます。そればかりでなく、バッフル板による従来の二次燃焼方式に比べ50%以上も高い熱量を取り出し、25%もの燃焼節約を実現します。



キャタリティック燃焼の最大の特徴は、低温から高温までフルレンジでクリーン燃焼を実現している点です。就寝時に燃焼を弱くしても、触媒による高効率な熱量確保とクリーンな排気能力を持続し、目が覚めても薪ストーブが部屋中を暖めてくれています。

非触媒方式 <リーンバーン燃焼>

高コストパフォーマンスの最新燃焼システム

↑クリックで拡大します

二次燃焼用空気の流出模式図


リーンバーン燃焼とは、自動車エンジンなどに採用されている希薄燃焼システムのことで、通常より少ない燃料で高い燃焼効果が得られるシステムです。この概念を薪ストーブの燃焼に採り入れたのがリーンバーン燃焼です。通常の燃焼は、薪から発生する可燃ガス(燃料)1に対して、空気が14の割合で燃えます。
これに対して、リーンバーン燃焼では空気が20〜25の割合で燃えるように設計されています。つまり、燃焼用の空気を多く採り入れて熱効率を高め、それによって燃料(薪)消費を低く抑えます。さらに、完全燃焼に近づくために排出ガスもクリーンとなります。



非触媒方式 <クリーンバーン燃焼>

クリーンな燃焼をシンプルな構造で実現

↑クリックで拡大します

ダンシングファイヤー


クリーンバーン燃焼の薪ストーブは、メンテナンスさえしっかりとしていれば、クリーンな排気を何年も保ち続けます。さらに、構造がシンプルというメリットも、このクリーンバーン燃焼の大きな特徴です。
クリーンバーン燃焼は、一つの燃焼室内で一次燃焼と二次燃焼を行います。二次燃焼の方法は従来式と同じで、燃焼室上部に設置されたバッフル板の付近で二次燃焼を行いますが、ここに二次燃焼を促進するための新鮮な空気を放出する空気孔が設けられています。この新鮮な空気を二次燃焼部分に供給することでクリーンバーニングを促します。



構造のシンプルさは、壊れにくさにも繋がります。堅牢に作られている弊社のクリーンバーン燃焼モデルは、いずれも着火、安定燃焼、メンテナンスが簡単であるため、初心者からベテランの方まで幅広くお使い頂いております。

ページトップ